ちぇこらどかのどこかで奮闘記


オーストラリアはシドニーで出会った相棒クンと夏に誕生予定のチビちゃんと三人四脚、イギリスはマンチェスターにて奮闘中。
by czekoladka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
たはー・・・
from 珍々有
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
日本でポーランド料理
from poziomkaとポーランド..
ポーランドの簡単じゃがい..
from じゃポルスカな日々
沖縄はまだまだ夏ですよ★
from 沖縄移住計画@情報銀行

格安アコモデーション?

5月10日木曜日、今日もイギリスはマンチェスターにて奮闘中。

先週末からお天気が優れず。
雨&風の日が続きます。

今週から主婦生活をスタートしたちぇこらどか、張り切って掃除とか洗濯とかしてみようと思ってみても、この天気じゃなぁ、と。←言い訳(^^;
で、やっぱりいつもと変わらず、埃とか洗濯物とか溜まってます(笑)

さてさて、先日、ポーランドのニュース&情報サイトINTERIA.PLを見ていた相棒クンばーと、こんな記事を発見しました。

ポーランド人用高級アコモデーション

イギリス発刊、5月3日の「The London Paper」を元に書かれた記事。

記事によると、ロンドンにある公共トイレを宿代わりに利用しているポーランド人労働者がいるらしい。

公共トイレは、街の中にポツンと建っているのを見掛ける方も多いかと思いますが、利用料20ペンスを支払って利用するタイプのもの。

ここに寝泊りしているポーランド人労働者がいる、と。

これまでに数回、このブログにて、イギリスにおけるポーランド人労働者(移住者)の現状について、主観を多々混ぜながら書いてきましたが、これはまた新しく知る現状。

ちぇこらどか&ばーとがイギリスへ移ってきて、1年半が経ちました。
その間に目に見えて、英国でもポーランドでも良い方向に状況が変わってきたように感じていますが、まだまだ暗い現状は存在しているようです。

英語が全くと言って良いほど話せない状態で、仕事を求めてほとんど身一つで英国へやって来る人も多く、住む場所探し、仕事探し、を始め、英国での生活の基盤を造るための様々な手続きがうまくできずにもがいている人達に出会うことも少なくありません。

ばーとの職場でも、毎週のように新しいポーランド人労働者が雇われるそうですが、皆さん英語が話せず、通訳無しでは仕事ができない、上司の不当な扱いについて上層部に報告することができずに我慢するしかない、子供が具合が悪いけれど通訳無しでは病院に連れて行けない、といった状況。

ロンドンでは、おそらく職の競争率も激しく、また、家賃も高いため、職の確保どころか住む場所の確保に苦戦する人も多いのかと思われます。

英語が話せない→十分なお給料がもらえる職が見つからない、見つかっても最低賃金もしくは不当な雇用主に採用されて最低賃金以下のお給料で働いている→生活費が賄えない、という悪循環。

このような状況を受けてか、英国では、この4月より、失業者保険(Job Seeker Allowance)受給者に対する英語力強化政策が開始された模様です。
詳細は不明なのですが、失業者保険を受給し続けるためには、パートタイム英語コースを受講しなくてはならない、といったような政策みたいです。

記事の公共トイレでは、数名のポーランド人労働者が寝泊りをしていて、誰が一番広い体の不自由な人用トイレを利用するか取り合いをしたりもしている、とか。
体も洗えて、歯も磨けて、寝るスペースもあって、翌朝起きてそのまま仕事に出掛けるのだとか。

ポーランドの経済状況はかなり改善の方向に向かっているようですが、どこの国でも同様、使えるスキルが無ければ思うような職にありつけず、ポーランドを脱出して英国にやって来たけれど、うまくいかず、、、

また、もらえるお給料の額を誤算する人も多いのかもしれません。
イギリスの最低賃金は、時給£5.50。 イギリスの1週間分のお給料は、ポーランドでは1ヶ月分のお給料に相当する、ということもあるようです。
貨幣価値の差があるので、ポーランドでは1ヶ月分に相当する金額でも、イギリスでは生活費をやっと賄える程度の金額です。 この点がなかなか見えずに移ってくる人が多いのかもしれません。

さらに、ちぇこらどか達が最近知ったことですが、、、

ポーランドは、二重税金制度が採用されていました。
過去形なのは、昨年会計年度(2006-2007)までが対象に当たり、今年度からは改定されるからです。



英国にて就労しているポーランド人は、英国での収入金額に合わせて、ポーランドにも税金を納めなくてはならない。

という、信じられない制度です。 
日本も、海外転出届を提出していない場合、年金などを支払わなければならないですが、ポーランドはいわゆる税金、稼ぎに対する税金です。

ポーランドで稼いだお金ならまだしも、英国で稼いだお金に税金が掛かる、、、
どこの国でも、海外に不動産や銀行口座を所有していたりすると、それらに対して税金が掛けられる制度がありそうですが、それとはまた違います。

毎週、英国での仕事でもらったお給料を、もらった時の為替レートにてポーリッシュ・ズウォテに換算して記録を付けておき、会計年度末にまとめて税金を支払う、という仕組み。
お給料から、英国に支払う税金(TAXとNational Insurance)が差し引かれて、さらにポーランドに支払う税金も差し引かないといけないわけです。

しかも、税金の割合は、ポーランドの貨幣価値に合わせてあります。
英国ではやっとこさ生活できる程度のお給料でも、ポーランドでは1ヶ月の生活費に相当する金額、という状態なので、たくさん税金を支払わないといけなくなります。

生活をしているのは英国なのに、ポーランドの貨幣価値で計算されて、、、

ばーとの支払うべき税金額を計算してみると、恐ろしい金額になりました。あり得ない~!!

課税対象者となるのは、

・英国にて就労しているポーランド国籍者
・英国での居住が一時的である

という人達。

ポーランドに基盤があって、将来的にいつかはポーランドに戻る、という人達。
奥さんや子供さんを置いて出稼ぎに来ている人達、ですよね。

ひどい制度、、、(--)

支払っていないと、帰国後に罰金が課せられるそう。
ばーといわく、日本の海外転出届のような仕組みがあって、それを提出している人は課税対象にならない、とか。

ばーとは未提出、、、

昨年会計年度の終了後、期日までに税金支払いの手続きをしなくては罰金扱い、ということが発覚し、慌ててポーランドの税務署に連絡。

何度か電話したけれど、応対者によって言うことが違う、、、

英国に日本人妻と一緒に住んでる、車もこちらで購入した、などと話し、生活の基盤がポーランドではなくイギリスにあることを説明。
それでも、ばーとがポーランドで不動産を所有していることがわかると、課税対象者になると言われた。 不動産を所有しているということは、いつかは戻ってくるつもりなんでしょ、と。

「こんな大金、払ってられない!!一生懸命貯めたお金なのに!!」「あと5年ぐらいポーランドには戻らない!!!」(5年ほど経つと執行猶予(?)が満了するらしい??)と、わめいていたばーと。

気を取り直して、後日再度、問い合わせの電話。

今度は、じゃあ課税対象外です、と。
ちぇこらどかとこちらで一緒に生活していることが証明できるもの(賃貸契約書、車関係の書類)などを保管しておくことをアドバイスされた。 

課税非対象者用の書類を郵送して、無事に問題解決。(多分、解決したことを願います)

公共トイレの話から飛んでしまいました(^^;

「こんな暮らしをしている人達がいるのに、隅から隅まで国民からお金を搾り取って、、、」とお怒りのばーと。 

英国に自国民が流れていくのを止めたいポーランド政府、流れてくるポーランド人労働者を止めたい(?)英国政府がグルになって生み出した協定政策かも??

幸い、この二重税金制度は、今年会計年度からはなくなるそうです。

例の記事はこちら。(ポーランド語)

オリジナル版、The London Paperの記事はこちら。(英語)
現場と思われる公共トイレの写真も載っています。

これまでにアップした英国におけるポーランド人労働者の現状に関する過去ブログ記事は以下をどうぞ。

ポーランド脱出
ピックアップ
手に職!
[PR]
by czekoladka | 2007-05-10 10:16 | ポーランドのこと
<< ポーランド風ロールキャベツ いつもありがとう。 >>


☆ようこそ☆
遊びに来てくださって
ありがとうございます!
どうぞごゆっくり♪

☆お断り☆

記事に関係の無いと思われる迷惑トラックバックや書き込みは断り無く削除させて頂きます。

☆リンク☆

ぶにせさん♪シドニー日記
オーストラリア人パートナーとシドニーで仲良くお住まいのぶにせさんのブログ。シドニー情報満載!

☆Kiyori☆

オーストラリア人旦那様と産まれたばっかりのかわいい女の子と日本にお住まいのきよりさんのブログ。とってもためになる出産&育児情報満載!

シドニー仲間Kenさんの傑作

Far far away, from Brooklyn
ポーランド人旦那様と仲良くニューヨークにお住まいのあけさんのブログ。ほんわかしていて癒されます!

とも と まーちん
マンチェスターにお住まい、ポーランド人のパートナーさん、ちぇこらどかと状況の似たともみさんのブログ。2007年にはご夫婦に!

Catherine's Room
ポーランド人パートナーの方との遠距離恋愛、もうすぐご結婚予定のカトリーヌさんのブログ。青い空と海に囲まれた国、オーストラリアでお二人で仲良く暮らすために頑張っていらっしゃいます!

Happy Life
イギリスでの妊娠・出産・子育て。
プリマスにお住まい、Happy Englandさんのブログ。

ポーラン便り
ポーランド人の旦那様&とってもかわいらしい二人の娘さんとワルシャワにお住まい、Ryoさんのブログ。ポーランド情報満載!お引越し後のブログはエキサイトリンクからどうぞ。

MAN生活
イギリス人の旦那様とマンチェスターにお住まい、Yummyさんのブログ。のほほんあり、笑いあり。
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧