ちぇこらどかのどこかで奮闘記


オーストラリアはシドニーで出会った相棒クンと夏に誕生予定のチビちゃんと三人四脚、イギリスはマンチェスターにて奮闘中。
by czekoladka
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
たはー・・・
from 珍々有
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
日本でポーランド料理
from poziomkaとポーランド..
ポーランドの簡単じゃがい..
from じゃポルスカな日々
沖縄はまだまだ夏ですよ★
from 沖縄移住計画@情報銀行

<   2006年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2月は逃げる

わぉ!あっと言う間に2月最終日ですね!!

ということで、さっき一つ記事を書き終えたところだけれど、日付が変わったついでにもう一つ書いちゃおうっと♪(↑単に、この最初の一言が言いたかっただけかも。それより早く床に着いたほうがいいような、、、)

ほんと、すっ飛ぶようなスピードで過ぎていった2月でしたが、振り返ってみれば色々ありました。

マンチェスター生活も満4ヶ月となり、3月からは5ヶ月目に突入。

と同時に、新しいお仕事も始まります。
まずはパートタイムからのスタートなので、今の仕事をパートタイムに変更してもらって、掛け持ち。じゃないと、家賃払えなくなっちゃうからね(笑)辛いよ、貧乏生活は(^^;

ぷりんすの仕事は順調。楽しみながらやってるみたい。
先週は残業の日が何日かあったので、お給料も余裕があって、いつもはお給料が入金されるその日に根こそぎ財務大臣に持っていかれるのを「あぅ~」と言いながら寂しそうに見送っていますが(笑)、「今回はちょっとお小遣いにしてもいいかなぁ」って。「ホームシアター欲しいねん」だそう。
お許しが出たので、先週末に早速友達とマーケットに出掛けて行き、お目当ての品を購入♪
「あぁ、これでお肉何パック買えたかなぁ」と思いながらも、たまにはこういうのもないと駄目かな~、と結構ハッピーな財務大臣であります(^^)

さて、3月はどんなことが待ってるかな。
[PR]
by czekoladka | 2006-02-28 10:31 | 二人三脚日常生活のこと

もう一歩進んだかな。

在UK・EU妻への道、もう一歩進んだかな。

本日、Family Member Residence Stampの申請を完了致しました。
郵便局に出向き、Recorded Post(日本で言う書留みたいなもの)にて移民局へ郵送。
移民局に問い合わせたところ、手続き審査には4週間~14週間かかるそう。気長に待ちますか♪

以前の記事からだいぶ日が経っているので、もう一度おさらい。

EU加盟国国籍者の非EU加盟国配偶者として英国に居住する場合、以下の3つのステップを踏みます。
※相手がポーランドやチェコ、スロバキアなどの新EU加盟国(New Accession Countries)国籍者の場合。

*在UK・EU妻への道*

ステップOne: EEA Family Permit(6ヶ月有効)申請
↓EU加盟国国籍者がWorker Registration Schemeに登録し、最低12ヶ月間の就労をクリア

ステップTwo: Residence Permit(永住許可)申請

↓4年間英国に滞在

ステップThree:Indefinite Leave to Remain in the UK(永住権)申請


EEA Family Permitの有効期間は6ヶ月しかなく、EU加盟国国籍者がWorker Registration Schemeに登録して最低12ヶ月間の就労をクリアするまでの残り期間を埋めるものが必要となります。

それが、今回私が申請したFamily Member Regidence Stamp。EEA Family Permitの期限が切れる前に申請します。EU加盟国国籍者が12ヶ月の就労をクリアするまでの期間をカバー。

これでまたしばらくここに居ることができます(^^)
でも、ハッ!パスポートも郵送したから、返却してもらえるまで国外に出られない?!イースターにポーランド行こうと思ってたんやけど、間に合うかなぁ、、、イースターは近場にするかな♪

ちなみに、今回郵送した申請書類は以下の通り。
(Family Member Residence Stampは、郵送による申請しか受け付けてもらえません。)

・"Form FMRS"という申請フォーム
・ぷりんすのパスポート
・私のパスポート
・ぷりんすと私のパスポートサイズ写真各2枚
・婚姻関係にあることの証明として、Marriage Certificate(原本)
・ぷりんすがWorker Registration Schemeに登録していることの証明として、Worker Registration CardとWorker Registration Certificate(原本)
・ぷりんすの給料明細、最新のものから遡って3回分(原本)

以上
[PR]
by czekoladka | 2006-02-28 09:37 | 滞在手続きのこと

ポーランド風お漬物

我が家の食卓によく登場するポーランド風お漬物

簡単にアレンジした肉、ライスorポテト、という手抜き料理のお供(^^)↓
d0083180_23532690.jpg

拡大図↓
d0083180_23534364.jpg

このお漬物、buraczki(ブラチュキ)と言います。buraki(ブラキ)=英語で言うbeetroot(ビートルート)のお漬物。ブラキは、鮮やかなワイン色をしたカブの一種(?)の野菜。ポテトが主食のポーランドでは、ポテトと一緒に食べます。
我が家では、ライスと一緒に食べることも多く、邪道?と思いながらも止められないのです(笑)

シドニーで初めてトライしたのが円形に薄くスライスされた水煮で、珍しい味やなぁとは思ったけれどあんまりおいしいとは思わず、それ以来口にしていませんでした。

ポーランドに行った際に、大根おろしみたいにすり潰したものや千切りにした酢漬け=ブラチュキ(塩、砂糖、酢に漬けているようです)に出会って、これがとっても美味~♪

マンチェスターでは、ポーランド食材店で450ml入りの瓶詰めが90ペンスで手に入るので、我が家の冷蔵庫にちゃっかり常備されてます。
d0083180_235498.jpg

[PR]
by czekoladka | 2006-02-22 21:30 | ポーランドのこと

気持ちの良い午後

今日はとってもいい天気でした。
朝は霜が降りて寒かったのだけれど、日中は寒さも和らぎ、春が近付いていることを感じました。

青空と明るい日差しを見せられた私、早番の仕事を終えた後、どこかに行きたくてうずうず!
ぷりんすと二人で心の洗濯をしに出掛けることに♪(心の洗濯=窮屈になってきた気持ちにゆとりを持たせてあげるため、綺麗な景色や空気に触れに行くこと。)

今回、心の洗濯場所として選んでみたのは、我が家からさほど離れていないところにあるおっきなパーク、Heaton Park

ほんの少し車を走らせると、閑静な住宅街の中、突如広大なパークが登場。走っても走っても、車道に沿ってず~っとパークが続きます。

駐車場に車を停めて、お散歩開始(^^)
d0083180_0542696.jpg

パークに足を踏み入れた途端、見渡す限りのグリーン!!
d0083180_0544714.jpg

しばらく歩くと、何かが。

木々に守られて聳え立つのは、Old Town Hall Colonnade。1812年~1820年の間に建設された旧タウンホールの柱廊(コロネード)。タウンホールが現在の場所に移る際に、このコロネードだけここに運ばれてきたそうです。なんだか一人ぼっちで寂しげ。
d0083180_0551161.jpg

マンチェスター滞在の大先輩、Nさんによると、もうすぐ水仙の季節だそうです。手前に植えられているのは、きっと水仙だね。まだ時期が早かったみたい。花が開くと綺麗だろーなぁ。
ぷりんすと私のノッポ影法師(^^)
d0083180_0554794.jpg

コロネード。よくよく見ると、端っこの銅像の頭に枝棒が?!
d0083180_05683.jpg

d0083180_0562766.jpg

d0083180_0565155.jpg

湖もあります。カモやアヒルがたくさん。Bird Flue、大丈夫かな~
この湖の手前の茂みで、リス発見!!シャッターチャンスは逃しちゃいました、残念!
d0083180_0573571.jpg

なぜかロバもいます。
d0083180_058478.jpg

博物館か何かかな。
d0083180_059689.jpg

遠くまで見渡せて気分爽快!!
d0083180_0593227.jpg

木のトンネル。斜面になってるので、滑りそうになりながらカシャ(笑)
d0083180_10358.jpg

またまた気分爽快!ゴルフ場もあります。
d0083180_102456.jpg


久々に心の洗濯をして、とっても気持ちの良い午後でした♪
[PR]
by czekoladka | 2006-02-19 07:21 | お出掛け&旅行のこと

気になる存在

ほぼ毎日お目にかかる彼、とっても気になってます。

おっと、ご心配なく。浮気の気配は全くありませんので(笑)

気になる彼の名前は、Mr. URBIS

このURBIS、マンチェスターの観光案内には必ず載っているユニークな形をしたビルディングです。
"Museum of urban life"だそうで、アートギャラリーや、マンチェスター、ロサンジェルス、サオ・パオロ、シンガポール、パリ、東京を中心としたディスプレイがあるとか。

私はいつもこのビルを背にバスを待っているのだけれど、未だに得体の知れない存在。

こんなんです。すごく目立ちます。↓
d0083180_1141591.jpg

d0083180_1194268.jpg

d0083180_1151953.jpg

d0083180_1154179.jpg

一帯に広がる広場は、Cathedral Gardensと呼ばれます。
d0083180_116959.jpg

ちなみに、このミュージアムの開館時間は以下の通り。

週7日、午前10時~午後6時まで。土曜日は8時まで。
休館日なし??頑張るね~
入館料は大人5ポンド、子供3ポンド50ペンス。
[PR]
by czekoladka | 2006-02-17 09:57 | イギリス&マンチェのこと

愛の日

明日はバレンタインデーですね。

どうしようかなぁ、ブログのネタにするのもなぁ、と思ったのだけれど、1年に一度しかこのトピックについて語る機会がないので、やっぱりネタにさせていただくことにします。
と思っていたところに、ポーランドのMSNのようなサイトにも似たような表現が。"Tylko jeden taki dzien w roku."「こんな日は1年に一度だけ。」


英語での正式名は"Saint Valentine's Day"。ポーランド語では、"Walentynki"(ヴァレンティンキ)。

愛を語り合う日、愛に感謝する日、ということは広く知られていますが、由来の詳細はついつい忘れがちですよね。そんなあなたのために、細かくわかりやすく説明されているサイトをご紹介↓

http://www.family.gr.jp/valentine/valentine.htm

ということで、今日のブログはスイートに参ります。

私の所有物の中でスイートなものご披露♪

シドニーでお世話になった会社の皆さんからの贈り物。シドニー→日本→ポーランド→イギリス、と一緒に移動してきた新婚テディ達で、ぷりんすとちぇこらどかの大切なお守りです。

d0083180_142365.jpg

ぷりんすからの些細なプレゼント。ハートの部分を押すと、チュッ~とキスの音がして、"I Love You!!"って言います。
d0083180_1213247.jpg

今日、ベーカリーに行った際に見つけました。かわいくて思わず買っちゃいました!ぷりんすの明日のおやつにするかな(^^)
d0083180_1215117.jpg

そして、2004年クリスマスに母からもらった腕時計。ベネチアンガラスのとってもキュートな腕時計。写真は近寄るとぼけちゃって、うまく撮影できず、、、残念~

マンチェスターの街中で見かけた、バレンタイン風ウィンドウ↓


チョコレートショップ、Thorntonsのウィンドウ。
d0083180_1222366.jpg

お店の名前は忘れちゃいましたが、窓に貼られたハートがキュート。
d0083180_1224236.jpg

Marks&Spencersのウィンドウ。
d0083180_1225866.jpg


最後に、私の愛するすべての人達へ感謝の気持ちを送ります。

最近、写真をたくさん掲載しているため、容量が重たくなってページが開くのに時間がかかってしまうようです。ご不便をお掛けして申し訳ないです。今後もちぇこらどかのブログをどうぞよろしくお願いします!!
[PR]
by czekoladka | 2006-02-14 02:47 | 二人三脚日常生活のこと

家探し

わたくし、只今、家探し中です。
正確に言うと、長く腰を落ち着けて住める場所を探し中(^^)

マンチェスターにやって来てすぐ、住む場所を探さないといけなくて、地域事情や家賃の平均など、右も左もあんまりよくわからないままとりあえず今のアパートを借りたのだけれど、貧乏夫婦にはちょっと家賃が高すぎるなぁということにだんだん気付いてきました。

新築2ベッドルーム、洗濯機、冷蔵庫、テーブル、ソファ、ベッドなどの基本的な家具付き、のアパートで家賃は月550ポンド。
これに光熱費や住民税が加わるので、トータルすると月700ポンドぐらいかな。
オーストラリアドルで約$1,655、日本円で約¥144,000。

いろんな人に家賃の話をすると、「高すぎる~」と言われるので、「やっぱ高いよね~」と思うように。

でも、恐ろしいことに、ロンドンは1週間でこの金額なのよね~!!

住民税は地域や住居の形態などによって金額が異なり、私の住んでる地域はどうやら結構高い地域みたい。
マンチェスターの中でもあんまりガラの良くない地域だと言われて車の保険は高いし(盗難などの多い地域は保険が高いのです、、、)、ということで、賃貸契約が満了する頃に別の地域に移る予定です。

シティセンターに近くし、ショッピングセンターもあってとっても便利なんだけれど、やっぱお金には勝てましぇん(^^;

契約満了するのは5月なんだけれど、家探しが大変なことを経験済みの私達、気が早すぎると思いながらも次に住むにはどの地域がいいかなぁと調査開始♪

そして、今までは結構新築アパートにこだわってきた私達だけれど、同じ金額を払うなら、地域によっては新築のアパートじゃなくてテラスハウスのような物件のほうがいい地域もあるなぁ、ということも分かってきました。

もともとアパートに住んだことのなかったぷりんす、シドニーではずっとアパート住まいだったので、今度こそはハウスに住みたい様子。「リビングと台所が1階で、寝室とバスルームは2階、ちょっとした庭付き」というハウスがやっぱり彼の性に合うみたい。BBQマシン買って、庭でBBQしたいそうな(←お兄さん、気候がシドニーと違ってこと忘れてないかい??)私は、「掃除するの大変やーん」って思っちゃう(笑)

マンチェスターから南東に向かった郊外に、Stockportという地域がありますが、その周辺になりそうな予感。

マンチェスターまではバスで30~40分、アパートよりもハウスの多い地域。ハウスには色々種類があって、テラスハウスとかsemi-detached houseとか、違いはよくわかりません。

インターネットで物件を見てみたところ、気に入ったのが2件見つかりました♪5月までは到底待ってくれないだろうから、見るだけ(笑)
不動産屋さん、ごめんなさい、サイトから写真抜粋させていただきます。

今の家賃とほとんど変わらない家賃、月545ポンドの物件。コテージ風でとっても素敵。↓
d0083180_1435011.jpg

d0083180_1441146.jpg

d0083180_1442792.jpg

d0083180_1444790.jpg

d0083180_14583.jpg

もう少し安い家賃、月485ポンドの物件。↓
d0083180_1453142.jpg

d0083180_1455064.jpg

d0083180_146890.jpg

d0083180_1462852.jpg


こんな物件がタイミング良く見つかってくれれば、ハッピーだなぁ。
[PR]
by czekoladka | 2006-02-13 09:28 | 二人三脚日常生活のこと

地元

ちぇこらどかの日常が覗ける地元を紹介しちゃいます♪

マンチェスターのシティセンターから2マイルほど北西に行ったところにある地域。シティセンターまでは、バスで10分弱。家からバス停までは、徒歩30秒(^^)

どうやらあんまりガラのよくない地域だと言われるそうですが、「住めば都」じゃないけれど、実際に住んでみると便利だしなかなか憎めないところです。

昨日は気持ちの良い天気で(今日もでした)、オフだったので、フルーツを買いに行くがてら、てくてく歩いてみました。

ポーランドの人達の集いの場、ポーリッシュ・クラブ。ポーランド料理が食べられるレストランも入ってます。
d0083180_1472660.jpg

そのすぐそばにイスラム教の人達のためのモスクが。
d0083180_1475088.jpg

いつも利用するバス。たくさんの人を運べるように2車両になってます。丁度つなぎ目のあたりに乗っちゃうと、カーブする時結構辛いのよね~、特に立ってると(笑)
d0083180_1481028.jpg

メイン通りにはたくさんお店が並んでいます。カシミール系の人達が多く住んでいる地域なので、ほとんどがカシミール系のお店。
d0083180_1483357.jpg

カシミール・マーケット。野菜、果物、食料品、お菓子、などなど、たくさん売ってます。野菜や果物は毎日パキスタンから飛行機で運ばれてくるとか?!スーパーで購入するよりも安く手に入るので、野菜や果物はいつもマーケットで購入。
さらに、スーパーには滅多に果汁100%ジュースが売っていないので、ジュースもマーケットで購入。このカシミール・マーケットでは、1リットルジュース×2パック=1ポンドで売ってくれます。
d0083180_1493499.jpg

d0083180_1495310.jpg

マーケットを通り過ぎた辺りに、ズラーッと長屋みたいに家が立ち並ぶ一画が。
d0083180_1501821.jpg

豚肉を運んできたトラックが。すごいリアル!!豚そのままやん!!思わず望遠にしてシャッター切っちゃった(笑)
d0083180_1504316.jpg

カシミール系女性の洋服屋さん。インドのサリーとはまた異なるみたいで、何と呼ばれるか忘れちゃいました(^^;
d0083180_151312.jpg

とってもカラフル。ちなみに、ウェディングの時は花嫁さんは真っ赤なドレスを着るそうです。
d0083180_151223.jpg

ここ数日は真っ青な空がよく顔を出します。そして、飛行機雲。
d0083180_1514080.jpg

我が家の御用達スーパー、Iceland。この先にはベーカリーもあります。その他にも色々お店が並ぶ一帯。
d0083180_152622.jpg

Icelandから我が家に向かって戻る途中にある別のマーケット。
d0083180_1522983.jpg

今日はこのマーケットでバナナとりんごとパウンドケーキを購入。締めて3ポンド56ペンス也。スーパーで買うよりは安いけど、やっぱり物価が高くて主婦の頭を悩ませてくれます。
d0083180_1524837.jpg


以上、ちぇこらどかの地元散策ミニツアーでした♪
[PR]
by czekoladka | 2006-02-10 09:11 | イギリス&マンチェのこと

ピックアップ

今日のTVニュースより、気になったトピックをピックアップ。

子育て in UK

いつの間にかwifeになってた私、mumになる日もいつかくるのかなぁ、と言いたいところだけれど、思わず引いちゃった話↓

英国でのナーシング(チャイルドケア)センター(日本の保育園や幼稚園)の託児費用の高さは、奮闘するパパ&ママの頭を痛めている様子です。
ニュースの統計によると、託児費用の平均は週142ポンド!!
日本円で約29300円、オーストラリアドルで約333ドルですよ!!!
ひょえ~っっ!!!

一般的な家庭の収入の3分の1が託児費用に消えることになるみたい。

シドニーで4歳の息子さんを育てている友人は、週250ドルもするのよ~、と嘆いていたけれど、それを100ドル近く上回るなんて、、、
恐るべし!!

イギリスの見解

旧社会主義国の東欧諸国が2004年に一斉にEU加盟して以来、大勢の人々が英国へ職を求めてやってきている話は以前にしましたが、それに対する英国の見解。

英国人の就職の機会を奪っているということで反感があるのは否めないけれど、英国人では賄えない分野の仕事をカバーして大いに貢献している、というプラスの見解が大きいようです。

現在、EU加盟国国籍者に対して門戸を開いている国は、英国、アイルランド、スウェーデンの3国だけれど、2006年5月にはフィンランドとスペインも加わる予定だとか。そして、さらに後にはオーストリアやドイツも。

これまでに英国、アイルランド、スウェーデンに職を求めてやってきた新EU加盟国の人々の数は、277,000人だそうです。ほとんどがポーランド人だと思います。
数を見ただけではあまりピンとこないけれど、ちなみに、昨年(2004年かも)オーストラリアに渡航した3ヶ月以上の日本人長期滞在者数が約26,000人です。その10倍以上だ~。

ぷりんすの知り合いの話によると、アイルランドのある小さな村では、6万人ほどの人口のほとんどがポーランド人になっちゃって、ポーランド語だけで生活できちゃうそうです。

ニュースの映像で、ロンドンの街角にあるお店の映像が映っていましたが、お店の中が外から見えないぐらいウィンドウ一面に求人やフラットメイト募集の貼り紙が貼ってあって、紙とペンを手に必死でメモを取る人達で人だかりができていました。
ぷりんすによると、このお店、イスラエルの巡礼名所であるCrying Wall(嘆きの壁。祈りや願い事をするために人々が集まる場所。)になぞらえて、通称Crying Wallと呼ばれているとか。人が集まるお陰で、お店の景気は向上しているそうです。

他の国が門戸を開き始めると状況は緩和されてくるかと予測するけれど、当面の間、イギリスでの就職競争率はますます高くなりそうですね。
[PR]
by czekoladka | 2006-02-09 03:14 | イギリス&マンチェのこと

マウォポルスカの魅力

ぷりんすの田舎町、フシャヌフについて以前ご紹介しましたが、今回はフシャヌフが属する地区(州みたいなもの)、マウォポルスカについてご紹介。

そもそも、ポーランドという国について、あんまり紹介してませんでしたね(^^;
相棒クンはポーランド人です、と言うと、「ポーランドってどのあたりにあるの?」「何語を話すの?」とよく聞かれます。

答え:西側をドイツ、東側をロシアやウクライナやベラルーシに挟まれた東ヨーロッパの国。南にはチェコやスロバキア、北にはバルト海があります。正式名称はポーランド共和国。公用語はポーランド語。

ってとこかしら。

旧東ドイツと旧ソ連に挟まれていた関係で、1989年の東欧革命までは社会主義国でした。
過去の長年に渡る近隣諸国との領土争い、二度の戦争時代の暗く悲しい出来事、など、歴史的背景を見ると私にとっては暗いイメージのある国だったけれど、歴史の深い、自然豊かな、魅力的な国だと言えるかな。

琥珀(amber)の名産国でもあります。
日本で販売されてるパッケージ旅行には、「琥珀の国へ琥珀を取りに行こう」なーんてものもあった気が。
ポーランド語では、bursztyn(ブルシュティン)。蜂蜜色の透明な石で、たまーに中にちっちゃな虫が入ってたりします。入ってるのは当たり♪
お母さん、ぷりんすからのペンダント、虫入ってた~??(何かヤな表現、、、(笑))

そんなポーランドには、16の地区があります。日本で言う都道府県、オーストラリアで言う州、かな。
その中で、最もポピュラーな地区と言えるのがマウォポルスカ。(と、私は思います。)
d0083180_23562443.jpg

赤丸の付いてる地区がマウォポルスカ(Małopolska)、グリーンの丸の街がフシャヌフ(Chrzanów)。
すみません、ポーランド大使館提供の地図を拝借させていただきました。

マウォポルスカは、「小さなポーランド」という意味。プチポーランドね!その名の通り、歴史、文化、ビジネス、などの中心となっていて、ワルシャワよりも栄えてるとも言えるとか。
いつかどこかで読んだ本には、「ヨーロッパの虎」とも言われる、って書いてあったな~

観光名所もたくさん!
何と言ってもKraków(クラクフ)。英語では、Cracowと綴られることも。マウォポルスカの県庁所在地みたいなもの。

・むかしむかし、ポーランド王国が栄えた頃に首都だった街
・街全体がユネスコの世界遺産に指定されている街
・昨年亡くなった前ローマ法王パウロ2世を産んだ街
・映画「シンドラーのリスト」の舞台となった街

そして、私の好きな街
奈良出身のちぇこらどかにとっては、京都や奈良に似た部分を持つクラクフは、親しみを持ちやすいのかも。
前回訪れた際に出会ったクラクフ在住のポーランド人男性によると、「クラクフは歴史の古い街だから閉鎖的な面もあって、よそ者を受け入れないからコネがないと結構色々と辛い」そうだけれど、ポーランドに住むならクラクフかなぁ。

そんなクラクフの街中のほんの一部をビジョンでお送りします♪

クラクフの鉄道駅下車後、駅から出たところに建つ劇場。
d0083180_23565527.jpg

Cloth Hallと呼ばれる中央広場に建つ時計台。
d0083180_2357456.jpg

d0083180_23581583.jpg

中央広場に建つ教会。前ローマ法王パウロ2世ゆかりの教会。
d0083180_23584450.jpg

馬車も走ってます。私も乗ったことあり(^^)
d0083180_23591251.jpg

Cloth Hall
d0083180_23594158.jpg

d0083180_00016.jpg

いつも音楽隊が演奏してます。さすが、天才音楽家・ショパンを生んだ国
d0083180_002639.jpg

Cloth Hallの中はマーケットになっています。素敵な雑貨や民芸品がずらーっと並んでて、お土産を買うのにぴったり。
d0083180_005156.jpg

再び外へ。
d0083180_012011.jpg

夕暮れ。
d0083180_014654.jpg

Wisla(ヴィスワ)と呼ばれる川。丘の上にはバベルと呼ばれる教会や、ロイヤル城がそびえます。石になった伝説のドラゴンもいます。
d0083180_02143.jpg

d0083180_023316.jpg

夜のクラクフ駅。ぷりんすの家、フシャヌフへ帰りましょう。フシャヌフまでは、電車で1時間ちょっと。
d0083180_025613.jpg


さて、クラクフへ行ってみたくなりましたか??
クラクフに家を購入する時が来たら(来るのかな?)、宿としてお貸ししますので、是非行ってみてくださいね~!!
[PR]
by czekoladka | 2006-02-07 09:30 | ポーランドのこと


☆ようこそ☆
遊びに来てくださって
ありがとうございます!
どうぞごゆっくり♪

☆お断り☆

記事に関係の無いと思われる迷惑トラックバックや書き込みは断り無く削除させて頂きます。

☆リンク☆

ぶにせさん♪シドニー日記
オーストラリア人パートナーとシドニーで仲良くお住まいのぶにせさんのブログ。シドニー情報満載!

☆Kiyori☆

オーストラリア人旦那様と産まれたばっかりのかわいい女の子と日本にお住まいのきよりさんのブログ。とってもためになる出産&育児情報満載!

シドニー仲間Kenさんの傑作

Far far away, from Brooklyn
ポーランド人旦那様と仲良くニューヨークにお住まいのあけさんのブログ。ほんわかしていて癒されます!

とも と まーちん
マンチェスターにお住まい、ポーランド人のパートナーさん、ちぇこらどかと状況の似たともみさんのブログ。2007年にはご夫婦に!

Catherine's Room
ポーランド人パートナーの方との遠距離恋愛、もうすぐご結婚予定のカトリーヌさんのブログ。青い空と海に囲まれた国、オーストラリアでお二人で仲良く暮らすために頑張っていらっしゃいます!

Happy Life
イギリスでの妊娠・出産・子育て。
プリマスにお住まい、Happy Englandさんのブログ。

ポーラン便り
ポーランド人の旦那様&とってもかわいらしい二人の娘さんとワルシャワにお住まい、Ryoさんのブログ。ポーランド情報満載!お引越し後のブログはエキサイトリンクからどうぞ。

MAN生活
イギリス人の旦那様とマンチェスターにお住まい、Yummyさんのブログ。のほほんあり、笑いあり。
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧