ちぇこらどかのどこかで奮闘記


オーストラリアはシドニーで出会った相棒クンと夏に誕生予定のチビちゃんと三人四脚、イギリスはマンチェスターにて奮闘中。
by czekoladka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
たはー・・・
from 珍々有
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
日本でポーランド料理
from poziomkaとポーランド..
ポーランドの簡単じゃがい..
from じゃポルスカな日々
沖縄はまだまだ夏ですよ★
from 沖縄移住計画@情報銀行

<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Isle of Man その2 ~のどかな島~

イースターにマン島へ出掛けて以来、すでに2週間が経ってしまいました、、、ちょぴり新鮮味に欠けてしまうけれど、やっとマン島の写真をお披露目します♪

一言で言えば、のどかな島。マンチェスターとは全く違った雰囲気があります。
セレブが好んで滞在したり、数多くの映画のロケ地になったりするのも、うなずけます。ちなみに、マン島をロケ地にした映画は70以上にのぼるとか。

メイン都市のDouglas(ダグラス)は、綺麗なブルーの海に囲まれた港町。リバプールからのフェリーはここに到着。
d0083180_0132072.jpg

d0083180_0135128.jpg

d0083180_0141124.jpg

それが、少し車で内地まで入ると、港町が一転、イギリスらしいあの目の冴えるような鮮やかで温かなグリーンが延々と広がります。
海と山がとってもうまく調和して共存している素敵な島だなぁ、というのが私の印象。

2泊3日のはずが、私の大失敗により1泊2日になっちゃった上に、到着はお昼過ぎ、翌日の出発もお昼過ぎ、という余裕の無いスケジュールだったため、ほとんど観光できなかったぁ!

1日しかないけれど、と一生懸命考えた当初の予定では、DouglasからLaxeyという場所までManx Electricと呼ばれる電動鉄道→LaxeyからSnaefell Railwayという山道鉄道に乗ってSnaefell Mountainという山に登って、壮大な景色を堪能しよっと♪と思ってたのだけれど、なんと、山道鉄道が現在工事調整中だとか、、、

ハハハ、とことんついてないみたい、、、(^^;

幸い、友人が車を持っていたので、車でピュンと連れて行ってくれました。感謝っ!!!

マン島では、毎年6月になるとTTレースと呼ばれる世界的に有名なオートバイレースが開催されますが、レーサー達が走り抜ける道がこのアスファルト道↓
d0083180_0144142.jpg

途中で車を停めて、草と石が転がっているだけの中を友人、友人の息子さん&娘さん、ぷりんす&ちぇこらどかの5人で、えいこらさっさと山登り開始♪
d0083180_0151169.jpg

d0083180_0153947.jpg

だいぶ登ったら、辺りは一面こんな景色↓
d0083180_016026.jpg

スカイグライダー(そんな名前だっけ?)をしている人が!!!気持ち良さそう!!!
d0083180_0162960.jpg

遥か下に見えるのは、乗るはずだった山道鉄道の線路。↓
d0083180_017887.jpg

息切れが激しくなってきて、足も疲れてきて、やっと頂上に到着~
標高620メートルの頂上には、山道鉄道の駅が。↓
d0083180_0173345.jpg

登る途中にもあちこちに野生(?)の羊さんたちがくつろいでいましたが、駅周辺にもいるいる!人っ子一人いなし、ほんとのどかだなぁ。
そっか、鉄道が運行してない中、登るのは私達ぐらいか(笑)
d0083180_018876.jpg

天気と運に恵まれると、頂上からはイギリスを囲む5つの島が見えるそうです。私達が頂上に到着した頃には、日も落ちかけて雲も出てきていたけれど、アイルランド島が見えました~!! 見えにくいですが、写真中央辺り、真ん中から右方向にかけてうっすらと映っている灰色の影です。↓
d0083180_0185073.jpg

ゆっくり時間を掛けて魅力を満喫したい島かな(^^)

また近いうちに行きたいな~
今度はフェリーの時間を間違えないように気をつけなきゃな~
[PR]
by czekoladka | 2006-04-29 03:41 | お出掛け&旅行のこと

Isle of Man その1 ~笑えない笑い話~

さてさて、お待たせしました、マン島小旅行の模様をお伝え致します♪

マン島=Isle of Manは、イングランド島とアイルランド島とに囲まれたアイリッシュ海の中央に位置する小さな島。
20マイル×30マイルほどの大きさ。日本の淡路島ほどかな。約4日あれば歩いて島を一周できると言われるそう。(歩きたくないけど(笑))
首都はDouglas(ダグラス)、人口は約8万2千人。

イギリス、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド、を含むいわゆるThe United Kingdom(英国=グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)には属さず、自治権を持った独立当地区。

マン島に住む人達、独自の貨幣、独自の言語、はマンクスと呼ばれるらしい。

マン島について詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ↓
Isle of Man オフィシャルサイト

Isle of Manって素敵な名前(^^)
Manは、どうやら「人」という意味のManではなく、「孤立した」とか「周りを囲まれた」とかいう意味の単語に由来するみたい。

前置きが長くなったけれど、そのマン島へ小旅行に出掛けました♪

海のど真ん中に位置するので、交通手段はフェリー
マンチェスターからリバプールまでコーチバスで移動、リバプールからフェリーに乗って2時間半ほど。
フェリーは、リバプール⇔マン島往復で一人約30ポンドと、かなり気軽に行けちゃいます(^^)
※運賃はシーズンによります。

島にはぷりんすの古くからのお友達が何人か住んでいるので、彼らに会いに行くのが主な目的。
約2年ぶりに会う人達と約6年ぶりに会う人達。
今か今かと首をながーくして待ってくれてる人達。

久々の遠出、久々の再会、早起きしてルンルン&ワクワクしてリバプールへ♪
マンチェスターからリバプールまではバスで1時間弱。意外と近くてびっくり!!

リバプールの様子については、また後日改めてお伝えします。

リバプールは晴天♪

「うわぁ!リバプールなかなかに素敵やね~!!」と最初の感動はどこへやら、慣れない土地で歩き回るのは結構疲れるもので、すでにお疲れ気味のぷりんす&ちぇこらどか(^^;
しかも海の傍はすごい強風!!
やっとこさマン島行きフェリー乗り場を発見!!

あった、あった!フェリーも停まってる~♪
d0083180_0195658.jpg

フェリー乗り場に到着したのが、午前10時半。
私達の乗る予定のフェリーは午後1時半発。
フェリー乗り場は、人、人、人!!!
4連休を利用して出掛ける人でいっぱい。

今停まってるのは一つ前の便やね、まだまだたっぷり時間あるね、今チェックインしても早すぎるし、この人達がいなくなるまで待とっか♪何か食べて、海辺でのんびりしよ♪と乗り場から少し離れた場所でくつろぎタイム(^^)

「やっぱ水辺っていいよね~」と言いながら、強風に煽られて「やまんば」状態の私(笑)そして、寒いぃ~っ!!
でも、夏だときっととっても素敵です、ココ↓
d0083180_0202655.jpg

寒さに耐えかねた二人、まだちょっぴり早いけれどチェックインをすべく再び乗り場へ。
先ほどの人だかりはやっぱり一つ前の便だったようで、乗り場は人っ子一人いなくて、チェックインカウンターでスタッフが何人か座ってる状態。

「一番乗りやね」と言いながら、チケットを取り出してキョロキョロしてると、お姉さんが「大丈夫??」と。

「今日の1時半の便を予約したんだけど」とチケットをおずおずと見せる二人。

「え?これ、今朝の便よ」とお姉さん。
二人:「え???1時半ですよ。」
お姉さん:「うん、だから、今朝の1時半。」

ん?とそこで私はちょっと不安に、、、でも、まだ事態が飲み込めないぷりんす。

ぷりんす:「だ~か~ら~、1時半やん、このチケット!」
お姉さん:「うん、1:30am。午後1時半は、13:30と記載されますよ。」

げ~っ!!!!!かなーりいろんなことが頭の中をめぐって、ショッキング状態~!!!

予約担当は、もちろんこの私、、、(汗)
イギリスって、24時表示やった、、、

なんで夜中にフェリー出てるの?? そりゃ、1:30と13:30の違いに気付かなかった予約担当もおっちょこちょいやけど、せめてAMとかPMとか付けてよね~!!まさか夜中の便があるなんて思わなかったからてっきり、、、はぁ、、、がっかり、、、って言うか、どうしよ~!!!

ちぇこらどか:「次の便は??」
お姉さん:「今日最後の便は11時で、ついさっき出航しちゃったわよ~ 残念ね~」
がーん!!!

さっきの人だかり、、、とほほ、、、。

結局、翌日(昨日)の11時の便に変更してもらって、リバプールからマンチェスターまでまたバスで戻りました、、、とほほ。

当日予約変更手数料も取られて、、、

でも、お陰でフェリー乗り場の駐車場が一日5ポンドで停めておけることがわかって、翌日は自家用車で出動して、(^^)フェリー乗り場に一晩停めておくことに。

2泊3日の予定が、1泊2日になっちゃいました(涙)

お友達は、私達以上にショックを受けたみたいで、報告の電話口で「うわ~、ぎゃ~、え~っっっ!!!」と悲しみの雄叫びを上げていました。おっちょこちょいな予約担当でごめんなさい、、、

そんなこんなで、とんでもない出だし。
無事にちゃんと辿り着けるのやら、、、

つづく。
[PR]
by czekoladka | 2006-04-23 00:27 | お出掛け&旅行のこと

ご無沙汰してしまって、、、

皆様、こんにちは。
前回の「寿司作り奮闘記」から長らくご無沙汰してしまいました!
申し訳ございません!!反省、、、

ここイギリスでは、イースターホリデーと称して、先週金曜日(14日)から今週月曜日(17日)まで4連休でした。
以前にお話した通り、マン島ことIsle of Manへ行って参りました♪

小旅行から戻って以来、お仕事も忙しくなってきてグッタリ気味のちぇこらどか、ブログともすっかりご無沙汰に(^^;

写真の整理も終えたことだし、次回は気合入れてマン島小旅行の模様をお伝え致しますね!!
お楽しみに~♪♪

取り急ぎ、元気にちゃんと生きてます、の報告でした(^^)
[PR]
by czekoladka | 2006-04-20 07:51 | 未分類

ザ・寿司

先週末、生まれてこのかた、初めて巻き寿司作りに挑戦してみました!!

最近、ほぼ毎土曜日、ポーランド人の友人宅へ出掛ける私達。
現在6人でハウスをシェアして住んでいる人達。
そこへぷりんすと二人でお邪魔させていただいて、夜中12時過ぎまでずっとひたすら何かつまみながらしゃべり続ける、という会合。
いわゆる、ポーランド風会合。
シドニーでも同じことしてたな~ 毎週末。

ポーランドの人達は、連れ立ってレストランやパブへ出掛けるよりも、自宅へ人を呼んで、くつろいだ状態で何時間でもおしゃべりをする習慣があるようです。呼ばれた人も、自分の家のようにキッチンに立ったり食器や冷蔵庫の中のものを好きに取り出したり(あさったり?!(笑))、「よそのお宅にお呼ばれしたお客さん」という雰囲気が全然無くて、私はとっても好き♪
外出する際の変な緊張感も無いし、居心地が良くて落ち着きます。

友人宅6人が我が家へ移動するよりは、私達2人が友人宅へお邪魔させていただくほうが合理的だということで、いつも寄らせていただくばっかりですが、先週土曜は我が家で会合♪

その前の土曜に日本の話題になって、日本料理って一体どんなの??という話に。
ポーランドでは、ワルシャワなどの大都市以外では、まだまだ日本食がどんなものか知らない人が結構いるようです。友人達もそう。SUSHI、見たことないし食べたことない、って。
作ってみて~って(^^;

あちゃ~っ!料理得意じゃない私が作るSUSHIが寿司との出会いになるのね、、、これは責任重大かも!SUSHI好きになるか嫌いになるかの決め手かも!

さあ、大変!!

ということで、我が家で寿司パーティをすることに。
マンチェスターで知り合いになった日本人女性から以前に伺ったサラダ巻き寿司の作り方を頼りに、初の寿司作り開始↓
d0083180_0222340.jpg

d0083180_0231879.jpg

なーんだ、海苔敷いて、ご飯敷き詰めて、中央にマヨネーズ塗って、きゅうりと焼き卵とカニかま乗せて、巻けばいいだけよね、簡単簡単!!1本目、無事完成~!!

と、思いきや、、、!!
あれ?丸じゃなくて四角じゃない、これ??
あれ?具とご飯との間に隙間あるよね??


横でうきうきしながら見てたぷりんす、私があんまりトロイし、3本目でもまだうまくできない様子を見かねて、「貸して!僕がする!!」(^^; しぶしぶ交代、、、

ん???、、、、、上手いっ!!!
ご飯の敷き方、巻き方、形、ギュッとしまった状態、とどれを取っても私の寿司とは桁違いの素晴らしい出来!!

じゃあ、後は任せるね~と、私は盛り付け係に転換(笑)

半分私、半分ぷりんす、の作がこちら↓
d0083180_0235850.jpg

やけに太くて形が崩れかけてるのがちぇこらどか作(笑)

巻くのにコツがいるということ、
巻くのに結構力がいるということ、

知らなかったなぁ。

ま、失敗は成功のもと、料理は失敗から学ぶもの、だもんね!

幸いにもお友達は喜んでくれて、「やっぱり日本食はお箸で食べなきゃっ!」とお箸で(^^)
d0083180_0244969.jpg

でも、実はこの寿司、酢飯はあんまり受けないだろうということで、酢抜き。シドニーで初めてサーモン&アボカド寿司ロールを食べて以来、刺身駄目、酢駄目、のぷりんすは、「SUSHIは絶対に食べないっ!!」って言ってたのだけれど、このサラダ巻きはお気に召した様子。翌日曜のランチにも、その翌日の月曜の仕事ランチにも、ちゃっかり食べてました。

数少ないレパートリーに新しい仲間が増えました♪
[PR]
by czekoladka | 2006-04-12 09:51 | お料理のこと

小さな春

サマータイムになって、ついに4月に突入したかと思ったのに、ここマンチェスターでは、春本番はもう少し先のようです。

日本もまだ雪のチラつくところもあるとか?!

草木&花が萌えいづる春、躍動感のある春、外を出歩くのが苦にならなくなる春、などなど、春が大好きな私。
花粉症をお持ちの方には辛い季節だと思いますが、、、

は~るよ来い、は~やく来い♪と呑気に待っていたけれど、いつまで経ってもポカポカ陽気は訪れず、まだコートが手放せない気候です。
まだかな~ いつまで待てばいいのかな~ シビレ切れちゃうよ~
「春~!!はよ来んか~いっ!!」(笑)

でも、そう言えば、かわいい春の兆しを見掛けるようになりました。
d0083180_0263772.jpg

d0083180_027766.jpg

水仙

日本では桜、シドニーでは9月から10月頃に掛けて咲くラベンダー色のジャカランダという花(桜と同じく木に咲くので、「オーストラリアの桜」って呼んでました)、季節の変わり目に人々を楽しませてくれる花はやっぱり大切みたい。

Daffodils(水仙)は、春の訪れを告げる花なんだよ、と、今日宿泊しに来たお客さんが言ってました。

何度聞いても忘れる英語名ですが、とってもとっても綺麗です。

道端や公園にたくさん植えられていて、木の根元にぐるっと一周植わっていたり、芝生の一部に絨毯のように敷き詰められていたり、、、
目の冴えるような黄色、時々白色も見掛けます。
d0083180_0273810.jpg

背丈の高いものと小さなミニバージョンがあるようです。

写真は、我が家の近くにある公園で見掛けたミニバージョン。
風の強い気候の中、少し下を向き加減ではあるけれど、真っ直ぐに茎を伸ばしてシャンと立ってる姿には、強いなぁと感じさせられます。

この時期にはお花屋さんにも登場し、葉っぱ無し、太い茎に白や黄色の花を付けた水仙を束で花瓶に飾る人が多いようです。
我が家も今朝マーケットにて購入してきました♪
売っているのはすべてまだつぼみの状態のもの。咲くのが楽しみ♪♪
[PR]
by czekoladka | 2006-04-08 20:11 | 二人三脚日常生活のこと

落ち込んだ時は

素敵な言葉に出会いました。

ソーシャルネットワーキングサイト、mixiで知り合った方から授かった言葉。

痛いのは生きているから。
転んだのは歩いたから。
迷っているのは前に進みたいから。
逃げ出したいのは戦っているから。


人生、良いことも悪いことも、何事にもすべて意味がある、
と信じる私。

この言葉を自分なりに噛み締めて解釈してみました。↓

痛かったら痛いと感じることのできた自分を褒めてあげればいい、鈍感な自分じゃなくて良かった、って。

転んだら転んだ自分を褒めてあげればいい、前に進むにはつまづくことだってあるはず、そしたらまた起き上がればいい。転ぶのを恐れて一歩も進めない自分じゃなくて良かった、って。

迷ったら迷っている自分を褒めてあげればいい、迷っているのは自分にとってどの選択肢がベストなのか、どうやったら前に進めるのか、常に真剣に考えているから。
向上心の無い自分じゃなくて良かった、って。

逃げ出したかったら逃げ出したい自分を褒めてあげればいい、
逃げ出したいと思うのは苦しい辛い思いをしてるから。苦しい辛い思いをするのは新しい扉を開くため、一歩成長するため。
逃げ出したいと思うぐらい大きな課題に向き合わせてくれて、神様どうもありがとう。私だったら立派に乗り越えられると信じてくれて、私にこの課題を与えてくれて、神様どうもありがとう。

この課題を乗り越えればきっと一歩成長するんだよね。
[PR]
by czekoladka | 2006-04-05 09:42 | 心にとめておきたいこと

不便、そして疑問。

イギリスに来てからとっても不便、そして疑問に思うこと。

これなのよねぇ、、、↓
d0083180_028444.jpg

d0083180_029882.jpg

バスルームの洗面台水道蛇口
なんで二つ出口があるんだか、、、

とってもとっても不便っ!!!
特に顔を洗うとき。
栓をして両方の蛇口から出る水をためてから洗うのもな~と、
ためずに洗っていますが、これがどうもうまくいきません。

手の平に水とお湯を交互に汲みながら、「みず、おゆ、みず、おゆ、」「はいこっち、次こっち」と行ったり来たり、、、(笑)だんだんイライラしてきちゃったり(^^;

我が家だけかと思いきや、新築のモダンな物件でも、なぜかバスルームの洗面台水道蛇口は水&お湯で二つに分かれているところが多いのです。バスタブの蛇口は一つなのにねぇ、、、

分かれていないところを探すのはひと苦労?!
現在、新しく賃貸物件を探しているのだけれど、物件広告の写真でまず何よりも真っ先に目がいくのは、バスルームの洗面台水道蛇口(笑)でも、やっぱり分かれてる~

さらに、バスルームフロアにdrain=排水口の無いのも普通なよう。
シドニーでは、しょっちゅうザバーッと水をまいて、放っておけば数分で乾くという掃除方法だったのだけれど、膝をつきながら濡れタオルで拭く&磨く必要有り、、、面倒臭がりの私にはキツイです、、、とほほ(^^;
[PR]
by czekoladka | 2006-04-02 21:45 | イギリス&マンチェのこと


☆ようこそ☆
遊びに来てくださって
ありがとうございます!
どうぞごゆっくり♪

☆お断り☆

記事に関係の無いと思われる迷惑トラックバックや書き込みは断り無く削除させて頂きます。

☆リンク☆

ぶにせさん♪シドニー日記
オーストラリア人パートナーとシドニーで仲良くお住まいのぶにせさんのブログ。シドニー情報満載!

☆Kiyori☆

オーストラリア人旦那様と産まれたばっかりのかわいい女の子と日本にお住まいのきよりさんのブログ。とってもためになる出産&育児情報満載!

シドニー仲間Kenさんの傑作

Far far away, from Brooklyn
ポーランド人旦那様と仲良くニューヨークにお住まいのあけさんのブログ。ほんわかしていて癒されます!

とも と まーちん
マンチェスターにお住まい、ポーランド人のパートナーさん、ちぇこらどかと状況の似たともみさんのブログ。2007年にはご夫婦に!

Catherine's Room
ポーランド人パートナーの方との遠距離恋愛、もうすぐご結婚予定のカトリーヌさんのブログ。青い空と海に囲まれた国、オーストラリアでお二人で仲良く暮らすために頑張っていらっしゃいます!

Happy Life
イギリスでの妊娠・出産・子育て。
プリマスにお住まい、Happy Englandさんのブログ。

ポーラン便り
ポーランド人の旦那様&とってもかわいらしい二人の娘さんとワルシャワにお住まい、Ryoさんのブログ。ポーランド情報満載!お引越し後のブログはエキサイトリンクからどうぞ。

MAN生活
イギリス人の旦那様とマンチェスターにお住まい、Yummyさんのブログ。のほほんあり、笑いあり。
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧