ちぇこらどかのどこかで奮闘記


オーストラリアはシドニーで出会った相棒クンと夏に誕生予定のチビちゃんと三人四脚、イギリスはマンチェスターにて奮闘中。
by czekoladka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
たはー・・・
from 珍々有
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
日本でポーランド料理
from poziomkaとポーランド..
ポーランドの簡単じゃがい..
from じゃポルスカな日々
沖縄はまだまだ夏ですよ★
from 沖縄移住計画@情報銀行

<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

新しい命が宿っています。

11月18日土曜日、今日もイギリスはマンチェスターにて奮闘中。

明け方に目が覚めた時には、「お!今日はいい天気になってくれるかも♪」と期待したけれど、やっぱり今日もどんより(--)

寒くて暖房を入れる日が増えてきましたが、気温はまだまだ7度程度。

さてさて、1週間ぶりの更新です。

先週末からずっと体調が悪く、パソコンから遠ざかっていました。

と言うのも、、、

今、ちぇこらどかのお腹の中に新しい命が宿っています!

そうなんです、来年6月末には「チビちぇこらどか」が誕生する予定です(^^)

いやはやびっくり、相棒クンばーともびっくり!
なんか調子が悪いな~ また胃を壊したのかも~ それともどこか悪いのかしら??? と思っていたら、妊娠でした!

まだまだ全然実感が湧かないのですが、喜びと期待と不安と心配と色々な気持ちが入り混じった気持ちです。

6週目まではピンピンしていて、つわりが無くてラッキー♪と思っていたら、8週目に入った先週末からやってきました。

特に朝と夕方が辛く、半泣き状態でお仕事に出掛けて帰宅する日々です。

つわりの症状は人によって異なる、同じ人でも一人目と二人目では異なる、と言われますが、ちぇこらどかの現在の症状は、食べ物のことを考えると吐きそうになる、お腹がすぐに空いて何か食べないとこれまた吐きそうになる、といった具合。

冷蔵庫を開けて中を覗くと「うぇっ」となる(←食事中の方、すみません!)ので、料理もできなくなりました、、、←言い訳(笑) (^^;
スーパーは巨大冷蔵庫みたいなものなので、買い物も駄目、、、

うまく扱う方法を探りながら気長に付き合うしかなさそうなので、なんとかかんとか色々試行錯誤中。1週間闘ってみて、だいぶ扱い方がわかってきたような気がします。

病院も決定したので、マンチェスター生まれの子になる予定です。
子育てについては、お腹の中の赤ちゃんの成長を楽しみながら、検討していく予定です。

これからは三人四脚、さらにパワーアップして頑張ります♪

体調が回復するまでは、ブログの更新、頂いた書き込みやメールへの返信が遅れがちになってしまうかと思いますが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します!

ではでは、素敵な週末を!!
[PR]
by czekoladka | 2006-11-18 19:53 | 妊娠・出産・子育てのこと

やっぱり首都。

11月11日土曜日、今日もイギリスはマンチェスターにて奮闘中。

これまたすごい強風です!
ピュ~ッ!とかヒョ~ッ!とかゴォ~ッ!とか、風が叫んでいます。
何か大きいものが飛んできて屋上にぶつかったのか、ガンッ!という音も、、、
バルコニーのドアが軋んでいます、、、大丈夫かな、、、

今日は友達数人と連れ立って、先日訪れたPeak District National Parkへピクニックに行こう♪と張り切っていたけれど、中止(--) 座ってお弁当食べてたら飛ばされそうです。

ということで、相棒クンばーとは早朝からせっせと稼ぎに出掛けました。

帰ってきたら、新鮮な魚を求めてフィッシュマーケットに向かう予定。
どこにあるのやら、いまいちわかっていませんが、、、あるのはあるみたい?!

さてさて、イギリスと聞いて皆さんの頭に思い浮かぶのは何でしょう?

今日は首都ロンドンの写真集をお届けします♪

たった1日だけの訪問。
ばーとのお役所用事について行きました。

各国大使館や領事館はロンドンに集中しているので、これを口実にロンドン訪問ができます。

第一印象は、、、

「わぁ!!!でかっ!!!」

やっぱり首都、規模が違います。

そして、、、

「緑が多い~!!!」

大都市なのに、街のど真ん中あちこちに広大な緑が広がる様子に感激!!
自然、古い建物と近代的な建物がうまく共存し、整然とした印象を受けました。

時間が限られていたのと、方向音痴なのは十分承知だったので、座ったまま身を任せておけば効率良く観光名所を回ってくれるという便利バスを利用(^^)

有名なのはこれですよね↓
d0083180_21182768.jpg

国会議事堂の時計台、通称ビッグベン。

それと、これら↓
d0083180_21204370.jpg

観覧車ロンドン・アイとタワーブリッジ。

その他、いろいろ。エロスの像など。
d0083180_21283620.jpg

ウェストミンスター駅、ウェストミンスター寺院、おもしろい形のビル、地下鉄の入り口。
d0083180_21335029.jpg


ロンドンの見所は数え切れないほどあるかと思いますが、たった1日の訪問で一番気に入って一番長い時間を過ごしたのは、ハイドパーク。

シティにある広大な公園です。
d0083180_21403087.jpg

そうなんです、リスや小鳥、鳩、などの小動物も!!

人慣れしているのか、寄って来ます。
小動物大好きなばーと、ポテトチップスを細かく砕き始めました、、、(^^;

リスも小鳥も寄って来て、手から食べるんです!!
d0083180_21455296.jpg

足にまで登ってきたぁ、リスちゃん!!!びっくりです!!!

後で知りましたが、禁止されているようです、小動物への餌やり、、、
そうですよね、、、ごめんなさい、ロンドン(^^;

マンチェスターからロンドンまでは、ナショナルエキスプレスという長距離バスで行きましたが、4時間半ほど。結構きつかった、、、次に行く際は、電車かな。

ではでは、素敵な週末を!!
[PR]
by czekoladka | 2006-11-11 12:49 | お出掛け&旅行のこと

週末の楽しみ♪

11月8日水曜日、今日もイギリスはマンチェスターにて奮闘中。

週も半ば、そして、3連休も今日でおしまい。
今日は朝から雨、どんよりしていて寒そうな天気。

爆発音騒ぎのあった台所のコンロも、今のところは調子良く動いてくれてます。
良かった良かった(^^)

そんな中、連休前にやり残していたお仕事が発覚し、出掛ける羽目に、、、

ちぇこらどかは外国人に英語を教える英語学校にて勤務しているのですが、業務内容はこれと言って限られておらず、教えること以外は色々やります。今日は、夕方からホームステイホストの改装後のお宅の視察。フルタイムで勤務しているホストがほとんどなので、回れる時に回るしかないのです、とほほ、、、

今日はHome and Away観逃しちゃうかな~(--)

さてさて、そんなちぇこらどかの週末の楽しみ♪

d0083180_22593424.jpg




こちら!
ちょっとボケちゃってます(^^;








ポーランドのお菓子、ポンチェック(ponczek)。
ポンチェックは、ポーランド風ドーナツみたいなもので、中には大抵ジャムが入っています。
クリームが入っているのもあるのかな?

週末(土曜だったかな?)にポーランド食材店に行くと、たくさん積まれて売ってあります。

写真のポンチェックは、甘くなくて日本の梅ジャムみたいな味のするローズジャムが入っています。ちょっとポーランドらしくないのですが、鮮やかな色をした飾り砂糖が振り掛けてあります。

相棒クンばーといわく、「これは本場のポンチェックじゃない!」そうですが、何と言っても、このポンチェック、巨大なんです~!!大好物!!

頬張るのが大変なぐらい巨大です!
同じタイプのドーナツほどは油っこくなくて、中は結構あっさりしています。

ポンチェックが複数になると、ポンチュキ(ponczki)。
こちらは本場のポンチュキ↓
d0083180_2391826.jpg

※オンライン百科事典ウィキペディアより写真頂戴しました。

ちょっぴり小振りですよね。

本場のものはまだ試したことがないので、次回訪問の際には是非!!

****************

<おまけ>

先日、電話をしていて、こんなことを言われました。

「あなたどこの出身??ポーランドかチェコか東欧出身でしょ??」
「いえいえ、日本人ですけど、、、」
「え~っ?!あら、そうなの~??!」

イギリスに来て以来、これで3度目です。なぜでしょう??
「あなたの英語はポーランド語訛りですね」と言われたこともあります。

ばーとのポーランド語訛りが移ってきているのかしら、、、
ポーランド語も日本語も一つ一つの音をはっきり発音する癖があるから、訛りが似てるのかも。
日本語訛りよりもポーランド語訛りに慣れている人が多いのかもしれませんね。
[PR]
by czekoladka | 2006-11-08 14:22 | ポーランドのこと

我が家のボンファイヤー

11月7日火曜日、今日もイギリスはマンチェスターにて奮闘中。

連休2日目。
そろそろ飽きてきました(^^;

昨日、ちょっとびっくりする事件が発生!
よくやるおっちょこちょいが原因ですが、今回のは、笑えません、、、

ブロッコリーを茹でようと水を入れた手鍋を火に掛けておいたところ、予定よりも早く沸いてしまいました。

我が家は電気コンロ。
スイッチを切ったり入れたりすると良くないかなぁ、また温まるまで時間が掛かるし、ということで、ちょっと手を放す間手鍋を横によけておき、コンロはそのまま点けっ放しにしようと、、、

それがすっかりそのまま忘れてしまい、、、

・・・

突然台所から「ボン!」という音が!!!

・・・

「え?今の音何???」

明らかにBonfire Nightの花火の音ではない様子。

チェックしに行って始めてコンロを点けっ放しだったことを思い出しました。

電気コンロの場合、上に何も置かないまましばらく放っておくと、熱の逃げ場がなくなって配線がショートするらしく、「しまったぁ~!!!やっちゃった、、、」

後悔しても時すでに遅し、、、スイッチを入れてもコンロは機能してくれない模様、、、

その後も数回「ボン!」と鳴って、火花も散ったので、怖くなってブローカーを落としました。

早速、アパートの家主さんに電話して状況を説明。
まさか私のおっちょこちょいで、とは言えないので、お鍋を火に掛けていたら小さな爆発音がしてそれっきりコンロが機能しないんです、ごめんなさい、と(^^;

「ノープロブレム!」とおっしゃってくださって、翌日朝一でビルの管理者を手配してくださるとのこと。ありがとう!!!

夕食を調理できず、ひもじくサラダとトーストで我慢。
って、私のせいなのですが、、、(笑)

さてさて、一晩明けて今日の朝、ビルの管理者の方が様子を見に来てくださいました。
偶然にも仕事お休みでよかった~!!!

どれどれ、とコンロのスイッチを入れたところ、、、

「あれ??あったまってきてるよ、機能してるみたいですよ」

・・・

どうやら、幸いにも配線がショートするところまではいかず、オーバーヒートして一時作動停止になったようです。

でも、ボン!という音と火花が気になります、、、

ま、機能してるみたいなので、また様子がおかしければ知らせてください、とのこと。

今から夕食調理開始してみます。
昨日作り茹で損ねたブロッコリーから開始(^^)

火の元は気をつけないと駄目ですね。反省です。
[PR]
by czekoladka | 2006-11-07 16:21 | 二人三脚日常生活のこと

嬉しい?ニュース

今日二つ目の記事です(^^)

実は、今日、明日、明後日と3連休を頂いているのです!

ちぇこらどかの職場では、12月末日までに有給休暇を消化しなければならず、これまでに溜まった有給休暇を一気に消化しようと、今月と来月は連休が♪うふふ♪

連休初日の今日は、、、

最近、日本食が妙に恋しくって、納豆、うどん、ごはんですよ(わかります?瓶詰めの海苔の佃煮です。懐かしい~!!)、ジャコやかつお節のおにぎり、などなどがどうしても食べたくて、チャイナタウンに繰り出して調達しに行く予定です。ジャコやかつお節、ちゃんとあってくれますように!!

さてさて、その前に、、、

マンチェスター、リバプール、リーズ、などを含む地域は、ノースウェストと呼ばれる地域。
その地域に出回る月刊ポーランド語情報誌、Nasz Kontaktにて発見した記事のご紹介。

マンチェスターにポーランド領事館ができる?!!

そうです。
それだけポーランド移民が増えてきているということですね!
具体的な時期や業務内容は不明ですが、何かと役に立ってくれそうで(よね?多分)、嬉しいです!!

日本領事館もできてくれると有難いんだけどな~ ロンドン遠いもん、、、

さらに、同じ記事内で、ポーランド語が英語に次いで必要な第二言語となりつつある、と?!!

ノースウェスト、特にマンチェスターは、イスラム教徒の拠点のようになっているらしく、パキスタン移民も方々もたくさん住んでいます。求人広告などを見ていても、彼らの言語ウルドゥが話せると優遇されると書かれていたりするのをよく目にします。

それが最近、ポーランド語がウルドゥに取って変わってきているとか。ほんとかな。

本当なら、頑張ってポーランド語講座充実させてくれるといいな~、マンチェスター!
市役所にこの記事見せたら、何か動いてくれるかな(笑)

そう言えば、最近始めたポーランド語初級講座でも、必要性を感じてポーランド語の勉強を!という方々がいらっしゃいます。ちぇこらどかも頑張って勉強します!!

ちなみに、月刊ポーランド語情報誌Nasz Kontaktのウェブサイトはこちら
ウェブサイトには情報は掲載されておらず、主に広告主用のようです。

雑誌版には、ノースウェスト情報、イギリスのポーランド移民情報、求人情報、ポーランド食材店やその他色々な広告など、が掲載されています。マンチェスターだと、ポーリッシュショップで無料で配布されます。
[PR]
by czekoladka | 2006-11-06 10:24 | ポーランドのこと

お祭り騒ぎ

11月6日月曜日、今日もイギリスはマンチェスターにて奮闘中。

新しい週が始まりました。
週末はいかがお過ごしでしたか?

私は、閉じこもり週末でした(^^;
掃除したり、洗濯したり、映画を観たり、座ってぼぉっとこんな景色を眺めたり。
d0083180_17471278.jpg

我が家のバルコニーからの眺め。遠くにシティを望みます。

目の前の木々には、紅葉した黄色い葉っぱがサラサラ揺れます。
d0083180_17492969.jpg

以前にグリルな日♪で登場した森や池、たくさんの木々に囲まれて聳えるアパートで、時々眼下の道路を走り抜ける自動車、パトカー、救急車、などの音以外は大きな音も無く、静かな場所。

ところが、10月末からずっと、夜がとっても賑やかです。

遠くに見えるシティ、近くの公園、森、民家の庭、などあちこちの方角から、

「ドン!」「ピューッ!」「ヒュルヒュル~ッ!」「ボン!」

そして、赤やら緑やら青やら黄色やらまばゆい光の花が。

そう、花火(^^)

見晴らしばっちりの我が家のバルコニーからは、いろんな花火が楽しめます。

シティでボン!
d0083180_1758875.jpg

目の前の森でボン!
d0083180_17584972.jpg

どこかの公園でボン!
d0083180_1759342.jpg

民家の庭からもボン!庭でキャンプファイヤーみたいな焚き火を焚いている家も!!

ちぇこらどか&相棒クンばーとがマンチェスターにやって来たのは、丁度昨年のこの時期。
毎晩毎晩あちこちで花火が上がる音がして、夜中の2時頃でもまだ止まない音に「えらい賑やかなとこやねぇ、マンチェスター!毎晩こんなんやったらたまらんね~」とちょっぴり不安になっていた記憶があります(笑)

そして、そんなこともすっかり忘れていつの間にか1年が経ち、また今年もこの季節が。
「あれ??去年も同じような感じやったよね??」

昨年のこの時期はホテル住まいで、必死に住む場所と仕事を探していた時期。
毎晩毎晩繰り返されるお祭り騒ぎの理由に構ってる余裕も無かったのですが、今になってやっと謎が解けました!

このお祭り騒ぎの正体は、Guy Fawkes Nightというイギリスの伝統行事で、一般には、Bonfire NightFireworks Nightと呼ばれて親しまれています。国を挙げての大行事だけれど、残念ながら祝日ではありません(^^;

調べると、1980年代までは、オーストラリアでも花火で祝われていたとか?!
6月のQueen's Birthday(女王誕生日)の祝日の際だったそうです。

その歴史は、遥か昔17世紀の始め、1605年11月5日に遡ります。
Guy Fawkesという男性とその仲間達によって企てられた国王暗殺未遂事件が発端となっています。

カトリック集団によるプロテスタントに対する謀反といったところでしょうか、Guy Fawkesを筆頭とする集団は、当時国王だったジェームス1世と家族の暗殺を企て、1605年11月5日の夜、ロンドンのウェストミンスターにあるHouses of Parliament(国会議事堂)の地下に爆薬を仕込みました。

Houses of Parliamentとは、Westminster Palaceとも呼ばれるかの有名なロンドンのシンボル、この建物です↓
d0083180_18333184.jpg

爆破前に謀反計画が発覚し、集団は捕らえられ刑に処せられました。

謀反が未遂に終わったことを祝うため、Guy Fawkesに代表される悪い霊を追い払うため、11月5日は国家行事の日となったのです。

この日を忘れないように、
"Remember, Remember, November the 5th."
と言われます。

お祝いの意味もあるかと思いますが、イギリス中で爆破を真似て花火を上げたり、悪霊を追い払うためにGuy Fawkesに見立てて作られた人形を焚き火で焼いたりするようです。11月5日だけではなく、その前後1、2週間行われるようです。

現在では、爆破未遂で国王の身が守られたことを祝うのか、はたまた政府への皮肉を込めて、「よくやった!」と爆破を企てたGuy Fawkesの勇気を祝うのか、色々あるようです。

いずれにせよ、歴史と伝統を重んじるイギリスならではの行事ですね!
Bonfireは、焚き火という意味のようですが、ちぇこらどかは、花火の音から来ていると勝手に解釈しています(笑)

11月5日の昨夜は、我が家のバルコニーから見渡せるだけでも、6箇所ぐらいで花火がボンボン!と上がっていました!!綺麗な花火がたくさん見られて、得した気分♪♪

ただ、お祭り騒ぎに便乗して、放火したりする若者も居そうなのが悲しいところです、、、
サイレンの音がたくさん聞こえていました、、、
[PR]
by czekoladka | 2006-11-06 09:48 | イギリス&マンチェのこと

どぎまぎ!あたふた!

11月2日木曜日、今日もイギリスはマンチェスターにて奮闘中。

11月に入りましたね。

先週日曜に冬時間に変わった途端、突然寒波が押し寄せて来たようで、そろそろヒーターを入れ始めました!マフラーや手袋も登場!!

冬時間になるのと冬になるのと、あまりにタイミングがばっちりなので、びっくり!!

朝、車の窓に張り付いた霜をガリガリ削っている人々も見かけるように。

そんな寒さです、今。
気温は、7、8度。

幸いにも昨日はとってもさわやかな晴天でした。秋晴れならず、冬晴れ?!
今日も晴天になりそう♪

さてさて、一昨日の10月31日、どぎまぎ!あたふた!する経験を!

夕食を食べ終えて、テレビを観ていたら、誰かがドアをトントントン。

ちぇこらどか&相棒クンばーとが住むアパートは、フェンス&敷居に囲まれて4つの11階建てタワーが建ち並び、敷地内に入るのにゲートを専用キーで開けて、さらに各タワーに入るのにまた専用キーで開けて、やっと建物内に入れる、という厳重さ。

(それだけ治安がよろしくない地域なんです、、、(^^;)

外来客は、敷地内に入るゲートのインターンホン&建物内に入るメインエントランスのインターンホンを鳴らして、やっと各部屋に招いてもらえます。

なので、いきなり部屋のドアをノック、というのはあり得なくて、

ん??誰かノックしたよね、今。
お隣さんが苦情言いに来たかな??

と、ちょっぴりビビッてドアの覗き穴から覗くばーと。

いつも夜遅くまでジャンジャカとギターの練習してるから、騒音だなぁって心配してたのよね~
やっぱり、、、とちぇこらどか。

ドアを開けたばーと、「わぁ!」 そして、「えっと~」と固まってる様子、、、

何やらお子サマのキャキャッという声が聞こえるので、何何~??と見に行ったところ、

「あら、まぁ!!!かわいいモンスターちゃん!!!」

男の子2人&女の子1人、顔をペイントして、ドラキュラや魔女の服装をしてます。
その横でニコニコしてるお母さんらしき女性。

そっか!!今日はハロウィーンだった~!!!

慌ててキッチンへ走るちぇこらどか!

ばーとは事態が飲み込めず、ドアの前で棒立ち(笑)
物欲しそうにばーとをじぃ~っと見上げるお子サマ達に囲まれて、ただただどぎまぎ&ニコニコ!

キッチンに戻ったものの、ひゃ~どうしよ~何も無い!!ハロウィーンはイギリスではポピュラーなお祭りなのね、、、今日に限ってお菓子無いよ~ 

かろうじで見つけたのは、ジンジャークッキー(しょうが味クッキー。これ、おいしいんです)と半分食べかけの板チョコ(笑)

う~ん、、、ジンジャークッキー、お子サマにはうけないよね、きっと、、、(^^;
板チョコ、封開けちゃってるし、割ってあげるのもねぇ、、

こういう咄嗟の判断が苦手なちぇこらどか、ジンジャークッキーにしようか、板チョコを割ってあげようか、決められずにあたふた!

「おーい、ちぇこらどか~ 急いだほうがいいと思うんやけど~」とばーと。
「でも、お菓子無いんよ~」とちぇこらどか。

えーいっ!

結局、板チョコを適当に割ってお皿に入れて戻りました(笑)

「ごめんね~ 個包装されたお菓子なかったのよ~」とお皿に乗せたチョコを差し出すちぇこらどか(笑)自分でもかなり笑えました、、、

「こんなので良ければ、持っていってね。いる??」

一瞬戸惑った表情のお子サマ達、それでもチョコをわし掴みして持ってるカゴに入れました(笑)

ありがと!バイバーイ!!

と元気良く去って行きました(^^)

後でばーとに聞くと、事態がまったく飲み込めていなかったようで、ちぇこらどかが何をしにキッチンに戻ったのかわからず、あまりに戻ってくるのが遅いので、相当どぎまぎしたそうです(^^;
で、お母さんらしき女性は、私達が事態を飲み込めていないと察知して、申し訳なさそうに、「あ、もういいです、どうもすみませんでした」と去りそうになってたとか、、、(笑) お子サマ達は、ただひたすらばーとをじぃ~っと見つめてたそうです(笑)

"Trick or Treat!" (何かちょうだい!くれないと悪戯するよ)

って言われなかった??と聞くも、「うーん、よくわかんない」と、、、

それもそのはず、敬虔なカトリック国ポーランド出身のばーと、さらに、シドニーではあんまりポピュラーではなかったので、アメリカやイギリス式ハロウィーンにお目に掛かったのは今回が初めて。

オンライン百科事典ウィキぺディアによると、ハロウィーンはもともとケルト民族の宗教的お祭りが由来だそう。

ケルト民族の暦だと、10月31日が1年の終わり、つまり、日本の大晦日に該当し、1年の収穫を祝うそうです。

一方、カトリックの文化では、11月1日は万聖節(All Hallows=All Saints' Day)と呼ばれ、聖人達を祭る日。そこから派生して、亡くなったご先祖様や家族、友人の魂を呼び寄せる日になっているようです。日本のお盆ですよね、きっと。

ケルトの収穫祭とカトリックの万聖節が混ざって、10月31日が万聖節の前夜祭=All Hallows Eve→
Halloween ハロウィーンとなったのが由来だとか。

詳しくはウィキペディアこちらのサイトをどうぞ。

ばーとによると、カトリック国ポーランドでは、ハロウィーンはあまりポピュラーではなく、11月1日の万聖節がかなり盛大なようです。

ポーランドではこの日は祝日です。

10月下旬より、お花屋さんには万聖節用のフラワーアレンジメントがたくさん売られ、独特の形をしたガラス製提灯に入ったキャンドルがあちこちで売られます。
お花は、長持ちするようにと、造花の場合が多いですが、本物そっくりです。

これらを亡くなったご先祖様や家族、友人のお墓に供え、お墓の掃除をして、11月1日に備えます。

墓地に色とりどりのお花が飾られ、キャンドルの火が燈され、特に夜はたくさんのキャンドルの煌々とした明かりがとっても綺麗で、幻想的な雰囲気が漂うそうです。
d0083180_1773194.jpg


ちぇこらどか&ばーとは昨年、イギリスへやって来る前にポーランドへ立ち寄りました。
10月末日に発ったので、万聖節は逃してしまいましたが、お墓参りをして来ました。

ばーとを誰よりも可愛がってくれたおじい様に、ご挨拶と結婚のご報告とこれからも二人を見守ってください、と。昨日はマンチェスターから手を合わせさせていただきました。

昨日のポーランドこんな様子だったようです。

ではでは、今月も皆様にとって素敵な月になりますように!
[PR]
by czekoladka | 2006-11-02 08:17 | 二人三脚日常生活のこと


☆ようこそ☆
遊びに来てくださって
ありがとうございます!
どうぞごゆっくり♪

☆お断り☆

記事に関係の無いと思われる迷惑トラックバックや書き込みは断り無く削除させて頂きます。

☆リンク☆

ぶにせさん♪シドニー日記
オーストラリア人パートナーとシドニーで仲良くお住まいのぶにせさんのブログ。シドニー情報満載!

☆Kiyori☆

オーストラリア人旦那様と産まれたばっかりのかわいい女の子と日本にお住まいのきよりさんのブログ。とってもためになる出産&育児情報満載!

シドニー仲間Kenさんの傑作

Far far away, from Brooklyn
ポーランド人旦那様と仲良くニューヨークにお住まいのあけさんのブログ。ほんわかしていて癒されます!

とも と まーちん
マンチェスターにお住まい、ポーランド人のパートナーさん、ちぇこらどかと状況の似たともみさんのブログ。2007年にはご夫婦に!

Catherine's Room
ポーランド人パートナーの方との遠距離恋愛、もうすぐご結婚予定のカトリーヌさんのブログ。青い空と海に囲まれた国、オーストラリアでお二人で仲良く暮らすために頑張っていらっしゃいます!

Happy Life
イギリスでの妊娠・出産・子育て。
プリマスにお住まい、Happy Englandさんのブログ。

ポーラン便り
ポーランド人の旦那様&とってもかわいらしい二人の娘さんとワルシャワにお住まい、Ryoさんのブログ。ポーランド情報満載!お引越し後のブログはエキサイトリンクからどうぞ。

MAN生活
イギリス人の旦那様とマンチェスターにお住まい、Yummyさんのブログ。のほほんあり、笑いあり。
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧